おしらせ


グレイヘア 白髪美人を目指すブログ執筆中!
白髪って恥ずべきもの? かっこいい魅せ方は? そんな話をつづっています。
グレイヘアリストninaのブログはこちら!

プレジデント社より『闘う敬語』発売中!
amazonのサイトは こちらから

幻冬舎より『逃げたい娘 諦めない母』発売中!
amazonのサイトは こちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教養が大切!と言うけれど……

2017年3月18日(土)、お酒を飲みながら楽しめるイベント、DAF7に登壇します。
たくさんの講師のかたが登壇されます。ぜひいらしてください!

お申し込み、詳細はこちら↓
https://www.facebook.com/events/1297450430298241/



▼改めて告白するようなことでもないけれど、私はとんでもなく忘れっぽい。

昔読んだ本や見た舞台など、教養と呼ばれるたぐいがすっぽりと抜け落ちている。

たとえば、あんなに大好きで、何度も何度も通い、この目で見ていたはずの歌舞伎の名作。

どんな内容だったっけ?……と、思い出せない。

会話の相手がさらりと口にした名著の一節。

絶対に読んだはずなのに、タイトルが出てこない。

「あ、読みました!」と、結構なドヤ顔で言ったあとに出てこない情けなさったら!


▼いよいよボケたかとも思うけれど、実は若いころから物覚えが悪くて。

知識という年輪を重ねたいのに、年輪になるばかりか、どんどん空洞部分が増えている。


▼そんな残念な自分を再確認してしまったきっかけは、今年日本でも公開予定というマーティン・スコセッシ監督の『沈黙―サイレンス―』という映画。

私は大学時代、なぜか遠藤周作に夢中になり、もちろん原作である『沈黙』も読んだ。それも、何回も。

夢中になりすぎて、学生寮の夕食の時間を忘れて、夜中に困ったことは覚えている。

それなのに……ストーリーの細部が思い出せなかった。

ということで、再び手元に置いてあった『沈黙』を読み、内容を再インプットした次第。

〆切前で忙しいのになぁ。


▼語彙や教養って、どうしたら身につく(忘れない)んだろう?

教養があって、話が上手な人と会話をしていると、自分が本当に情けなくなってきてしまいます……。



■そんなアタクシが人前でしゃべります! 怖いもの見たさで行ってみようという方は、下記からどうぞ。

3月18日(土)開催 『DAF7』
https://www.facebook.com/events/1297450430298241/





スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

検索フォーム
ご連絡はこちらにどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

朝倉真弓

Author:朝倉真弓
一般企業、出版社、編集プロダクションを経て、1999年にフリーランスライターとして独立。経営、起業、働き方などをテーマに、一般誌やビジネス誌、ウェブサイトなどで取材および執筆を手掛ける。

実用書やビジネス書の分野では企画やブックライティングを数多く務め、ストーリー仕立てのビジネス書(ビジネスストーリー)を得意とする。

2016年より「ストーリーライター」を名乗り、各界の専門家とコラボレーションをしてストーリー仕立ての実用書を制作するプロとして活動中。

FMヨコハマ、TOKYO MXテレビなど、メディア出演多数。

【さらに詳しいプロフィールは……】
http://asakuramayumi.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

【著書】
『闘う敬語』(プレジデント社・2017年)
『逃げたい娘 諦めない母』(幻冬舎・2016年)
『今までで一番やさしい相続の本』(ダイヤモンド社・2014年)
『好き⇔お金 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法』(KADOKAWA・2014年)
『たまらない女 ためられる女』(サンマーク出版・2013年)
『女子の幸福論』(ダイヤモンド社・2011年)

【Facebook】
https://www.facebook.com/mayumi.asakura

著書のご購入はこちらから!
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。