おしらせ


グレイヘア 白髪美人を目指すブログ執筆中!
白髪って恥ずべきもの? かっこいい魅せ方は? そんな話をつづっています。
グレイヘアリストninaのブログはこちら!

プレジデント社より『闘う敬語』発売中!
amazonのサイトは こちらから

幻冬舎より『逃げたい娘 諦めない母』発売中!
amazonのサイトは こちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この冬放映、母娘問題を扱うドラマ2本

▼このところ、母と娘の関係性をテーマにしたドラマの告知が続いています。

1本目は、この冬に読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマとして放映予定の「愛を乞うひと」

篠原涼子さんが、娘に虐待を加える奔放な母と、従順な娘の二役を演じます。

下田治美氏の同名小説が原作で、98年には原田美枝子さん主演で映画化され、日本アカデミー賞・最優秀作品賞を受賞しました。

■愛を乞うひと
http://www.ytv.co.jp/aikou/



▼2本目は、NHKのドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」

来年の1月13日より、毎週金曜日午後10:00~10:48(全8回)の予定です。

こちらは、ありがちな母と娘のべったりとした関係をベースにしたサスペンスとのことで、ものすごく興味深い内容です。

中学受験や大学受験、就職と母の庇護のもとで育ってきた娘が、やはり母のすすめで、ある男性と付き合うようになる。
しかし、彼と付き合うことにより、娘は自分が無意識のうちに母の顔色を見ながら生きてきたことを自覚。
母は娘が変わっていき、自分から離れていくことに動揺し、娘の彼を誘惑する――。


ストーリーの概要を読むだけでゾッとする内容ですが、まるで恋人同士のような共依存関係の母と娘にメスを入れるなんて、さすが「ドラマ10」シリーズだなと思います。

しかも、母役が斉藤由貴さん、娘役が波瑠さん、彼役が柳楽優弥さんだなんて、私の大好きな俳優さんたちではないですか!

■お母さん、娘をやめていいですか?
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=07406



▼母に対してモヤモヤとしたものを抱えている娘にとっては、見るのが辛いシーンもあるのではないかと想像します。

しかし、見たい、見なくてはいけない! 今から、そんなそわそわした気分になっています。


▼母娘問題のストーリーといえば、こちら!
ぜひどこかで映像化をお願いしたいものです!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

検索フォーム
ご連絡はこちらにどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

朝倉真弓

Author:朝倉真弓
一般企業、出版社、編集プロダクションを経て、1999年にフリーランスライターとして独立。経営、起業、働き方などをテーマに、一般誌やビジネス誌、ウェブサイトなどで取材および執筆を手掛ける。

実用書やビジネス書の分野では企画やブックライティングを数多く務め、ストーリー仕立てのビジネス書(ビジネスストーリー)を得意とする。

2016年より「ストーリーライター」を名乗り、各界の専門家とコラボレーションをしてストーリー仕立ての実用書を制作するプロとして活動中。

FMヨコハマ、TOKYO MXテレビなど、メディア出演多数。

【さらに詳しいプロフィールは……】
http://asakuramayumi.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

【著書】
『闘う敬語』(プレジデント社・2017年)
『逃げたい娘 諦めない母』(幻冬舎・2016年)
『今までで一番やさしい相続の本』(ダイヤモンド社・2014年)
『好き⇔お金 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法』(KADOKAWA・2014年)
『たまらない女 ためられる女』(サンマーク出版・2013年)
『女子の幸福論』(ダイヤモンド社・2011年)

【Facebook】
https://www.facebook.com/mayumi.asakura

著書のご購入はこちらから!
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。